音が出ない!スピーカーもお近くの修理店で!

音が出なくなる原因について

iPhoneの音が出なくなったという経験がある方も少なくはないかと思います。精密機器の音が出なくなった場合、部品の故障と考える方が多いでしょうが、一概にそうだとは言い切れないんです。iPhoneの場合、スピーカーの音が出てくる場所には穴がありますよね。極端な話、そこを指で塞ぐだけで音は小さくなったり聞こえなくなったりします。ということは、穴の部分にほこりが詰まっていたりしたらそれだけで出てくる音量は小さくなってしまいますし、場合によっては聞こえなくなったりしてしまうんです。このように、音がでなくなるすべての原因がスピーカー部品の故障だとは限りませんが、たとえ何かが詰まっているだけだとしても肉眼で確認することは容易ではない上に、除去作業を自分で行うのは非常に難しいので修理店に依頼した方が無難だと言えますね。

スピーカーの修理は案外高くない!?

iPhoneの修理といえば、”代金が非常に高額”だと思われがちですが、そうだとは限りません。もちろん水没などになるとたくさんの部品を交換する必要がありますので高額になりますし、画面の破損も液晶は高額な部品ですので修理代金はどうしても高くなってきてしまいます。しかし、スピーカーだけの故障であれば案外修理代金は高くないケースが多いのです。ましては故障ではなく、前述したように穴のつまりがスピーカー不良の原因だった場合は簡単なメンテナンスだけで元の調子を取り戻す可能性もありますので、そうであれば尚更費用は安くなるでしょう。また、基本的にスピーカーの修理は即日対応可能な修理店が多いでしょうから、預かり修理になることも少ないのです。